英語ごい力検定とは

語彙は、まず覚えること、さらに、それを確実に記憶に定着させることが大切です。
私たちは何かを学ぶとき、未知のものを自分が経験してきたことと結びつけ、
それを実際に使って新たな経験をすることで、自分の世界を広げていきます。
語彙も同様に、覚えるべき単語と知っている単語を結びつけて文やフレーズにし、
その単語を実際に使うことで、効果的に記憶して語彙を増やすことができます。
『英語ごい力検定』では、考える力を養うために、未習語と既習語をあえて交えて使用。
学んだことを生かして理解する喜びが、次の学習への原動力となります。
英語は国際共通語です。そして「ごい力」は、世界で自分を伝えるための財産です。

多種多様の英語学習に直結した語彙

「英語ごい力検定」ではJACET8000のLEVEL1からLEVEL5までの語彙を中心に学習をします。JACET8000とは「日本人英語学習者が利用する語彙を頻度の高い順にリストアップしたもの」です。そのコーパス(語彙を選ぶ際に対象となる資料)は、中学・ 高校の検定教科書、センター試験、TOEIC、TOEFL、英検、英字新聞・雑誌、児童文学、映画スクリプトなどに及び、英語を 学ぶ多くの場面において「英語ごい力検定」で学んだ語彙を生かすことができます。

「覚える・思い出す」で確実に記憶

語彙を身につけるための有効な方法のひとつは、覚えた語彙を実際に使うことです。「英語ごい力検定」では、受検する級のごいリストをウェブであらかじめ確認することができ、試験問題はそれらの語彙を中心に作成されるので、「覚える・思い出す」を繰り返して確実に語彙を記憶することができます。学んだことが生かされる、そして理解するという喜びが、勉強をする上で何よりの励みになります。

「覚える・思い出す」で確実に記憶

英語を使う多くの場面において、語彙はそのほとんどが文章の中で使われます。「英語ごい力検定」では、語彙をなるべく文章の中で用いてその理解を問うため、キーワードを見つけたり、分からない単語の意味を推測するなど、実践力を伴った語彙力を身につけることができます。より理解を深めるために知っておいた方が良い文法事項は、ウェブの「文法チャート」 で確認することができます。

ページトップへ